長期的にお金を預けるつもりでFX

werwer FXは、外貨預金として活用ができます。日本の少ない利率で銀行にお金を預けるよりも、FXで一時的に外貨に替え、日本よりも高い利率で預金をすることができます。

ただし、お金を降ろすタイミングによっては、元金よりも少なくなってしまうこともあります。なので、長期的にお金を預けるつもりでFXを利用すれば、元金よりも増えた金額を手に入れることができます。銀行などで、外貨預金する場合よりも手数料が圧倒的にすくないので、オススメです。自分は、今年1月から開始して、金利だけで5000円ほど儲けました。

バイナリーオプションとFXの類似性

ここ最近で人気を集めている「バイナリーオプション」は、分かりやすくシンプルな取引ルールと、スマートフォンなどのモバイル機器を利用してだれでも簡単に手続きが行え、ネット環境があれば場所も時間も問わずに取引きが出来るという事などから、時間が取れないサラリーマンや学生、日々忙しい主婦の方など、投資が初めてだという初心者の投資家を中心に好評を博している金融商品になります。

一般的に、シンプルだと言われているバイナリーオプションの取引きの内容の本質は、「銘柄となっているある物の売買予約の権利を買い、その権利の期間満了の後にその売買予約の値よりも利益がでていたら権利を施行して利益を得て、利益が出ていなければその権利を放棄する」」という形になっており、いわゆる「オプション取引」の一形態となっています。

こう表すと少し難しく感じるかもしれませんが、最も多く見られるバイナリーオプションの形態は通貨を銘柄にしているもので、例えば「今1ドル110円の為替レートが、2時間後に1ドル120円よりも上になっているか、下になっているか」を予測していくというものになります。
この予測に対して、チケットを購入するという形で投資を行い、予測が当たればチケット一枚ごとに予め決められている配当金が支払われて利益になり、予測が外れれば購入したチケットが無効となるため投資金が全額失われて損失になります。

もちろん、バイナリーオプションで銘柄になるものは通貨だけではありません。
この他では、有名企業の株、株価指数、金、鉱石、原油、農産物など、多くのものが銘柄の対象となっており、また通貨だけをとっても、世界の様々な国や地域の通貨の内でどの通貨が対象になるのかで銘柄が変わっていきます。

このように、非常にバラエティーに富んでいるバイナリーオプションですが、通貨を銘柄にしていく場合には、多くの点でFX取引と類似した部分が出てきます。
例えば、予測を立てていく為には、外国為替市場の為替相場のレート変動を読み解いていく必要がありますし、どちらもその為替レートの変動が利益や損失を生み出すカギとなっている部分にも共通点があります。

特に為替相場に対しての知識や分析手法などについては、FX取引を行っていればその経験を生かすことができますので、どちらの取引きをしていても相互に利点があると言えます。

こういった事情もあってか、FXを取り扱っている業者がバイナリーオプションを取り扱っているケースも多く、この二つは時として同じものである、と混同されることもあります。
確かに類似点は多いのですが、バイナリーオプションとFX取引は、全く別物になります。

FXでの取引きの流れは、通貨に対して新規の売買注文を自ら立てて、その通貨を保持し、為替レートの変動により通貨に評価損益が生じるのを待って、含み益や含み損が出たら、今度は決済の売買注文を自ら入れて通貨の保持を解消し、利益や損失を確定していく形になります。
このように、FXでは投資家自身で2回の注文を入れ、その間に為替レートの変動を見ながら、それに伴って変化していく利益や損失をコントロールしていくという形を取っています。

対して、バイナリーオプションは先にも説明した通りのシンプルな二者択一のルールで、為替レートの変動を利用してはいるものの、それは上か下かの条件を判定するために必要なだけで、取引きの最中にどんなに為替レートが大きくあがっても下がっても、配当金と損失の額は、全く変わらないのです。

こうした根本的な部分が違うために、両者を取引するためには幾らかの注意が必要です。
通貨の特性の違いなどは、バイナリーオプションとFXでは求め方が違ってきますので、FXでメリットだと思われていた部分が、バイナリーオプションではデメリットとなる事もあります。
例えば、イギリスの英ポンドと日本の円はFX取引では為替レートの変動に起伏があり、大きな利益を求めることができる好通貨ペアとして考えられるところがありますが、バイナリーオプションではこの為替レートの変動は予測を困難にさせますので、デメリットとして考える場合もあります。

このように、同じ通貨を取り扱う投資取引でも、その取引きルールの違いなどから為替レートなどに対する考え方が違う事もありますので、注意が必要なのです。