長期的にお金を預けるつもりでFX

werwer FXは、外貨預金として活用ができます。日本の少ない利率で銀行にお金を預けるよりも、FXで一時的に外貨に替え、日本よりも高い利率で預金をすることができます。

ただし、お金を降ろすタイミングによっては、元金よりも少なくなってしまうこともあります。なので、長期的にお金を預けるつもりでFXを利用すれば、元金よりも増えた金額を手に入れることができます。銀行などで、外貨預金する場合よりも手数料が圧倒的にすくないので、オススメです。自分は、今年1月から開始して、金利だけで5000円ほど儲けました。

ペイアウト2倍で話題のハイローオーストラリア

dsf88f2013年11月国内ではバイナリーオプションの規制が始まりました。時を同じくしてハイローオーストラリアのサービスが開始されました。ハイローオーストラリアの特徴の一つにネッテラーの利用が可能であり、これによってより多くのユーザーからの信頼度も高いです。ハイアンドローオーストラリアの人気が非常に高いのは、なんと言ってもペイアウト率2倍の「スプレッドHIGHLOW」の取引です。日本国内の法改正前に取引されていた、旧外為オプションと同じでレンジ外が定められているハイアンドローと同等のものです。

法改正前にも日本国内でバイナリーオプションを取り扱っていた時のお話を少しさせていただくと、単純にハイアンドローとは上か下かを予想するものですが、スプレッドハイアンドローに関しては業者側の設定しているスプレッドつまりレンジの中であれば業者側の取り分になり配当はないという仕組みです。ユーザー側が配当を受け取る為には、業者の指定するスプレッドの範囲以上に値が上がるのか、下がるのかを予想し的中させる必要があります。ペイアウト率が2倍というのは非常に高い配当ですが、レンジ相場では業者側が有利な取引ともいえるでしょう。しかしながら、確実にトレンドが出ている時や経済指標などの発表があるときなど方向性が顕著に現れるタイミングでの取引ができれば、ユーザー側にとっては非常に有利な取引とも言えるのではないでしょうか。

値動きの激しい時ほど有利?

レンジ内の小幅な値動きのような状況では業者側に有利に働く事が多いといえるスプレッドハイアンドロー。という事は、激しく値動きが起きているような状況の時は、ユーザーにとっては有利といえるのでしょうか。答えはNOです。単純に値動きが激しいだけではユーザー側には有利ではないのです。どんな取引でも同じですが業者側、ユーザー側の一方にだけ有利な取引というものは存在しません。代表的な24オプション業者や最近ではワイバイナリーとユーザーの勝率は五分五分がいいところでしょう。

デモ口座が使えるHighlow.netのスプレッドHIGHLOWで設定されているレンジは0.1~0.8pips程度の間です。値幅の大きくなるようなときにはこのスプレッドも幅が広がるようになっています。

かつて法改正前国内でも有名なGMOクリック証券では、スプレッド0.3pipsに固定されていました。たった0.3かとお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、これは低い数字ではありません。こうしたレンジ外というルールを取り入れることで、スプレッドのハイアンドローはリターンが大きいですが、反面リスクも高いです。やり方にもよりますが通常のハイアンドローや短期取引のほうが有効な場面もあるのでどの方法で取引するのか、状況を冷静に判断する事をお勧めします。